アメリカの覇権はいつからorいつまで?中国との覇権争いについて

アメリカは世界で最も影響力のある国です

それは政治的、経済的、文化的、軍事的に世界でNo.1の地位にいることからも明らかでしょう

こういった世界で最重要な地位を占める国のことを覇権国家といいます

覇権ーWikipedia

しかし、覇権が永遠に同じ国で続くのことはありえません これは何千年もの歴史を遡ってみても明らかなことです

今回は21世紀に覇権がどう変わっていくのかを考察していきます  

Amazon.co.jpで買う

アメリカの覇権

世界の超大国と言えばやはりアメリカ

政治・経済・文化・軍事、どれをとってもこれほど影響力のある国はどこにもないでしょう

そんなアメリカの覇権はいつまで続くのでしょうか?

アメリカ合衆国の歴史ーWikipedia

アメリカの覇権はいつから?

現在のようにアメリカが世界における覇権国家となったのは、二度の世界大戦を経てからのこと

20世紀前半まではイギリスが世界の覇権を握っていました

しかし、アメリカは19世紀にフロンティア開拓に見られるような経済面での急速な成長を遂げ、

20世紀前半にもタフトやウィルソン大統領が、カリブ海や太平洋に進出する強気な外交をみせました

そしてなによりも、

第一次世界大戦後に荒廃したヨーロッパとは対照的に世界一の債権国になったこと、

第二次世界大戦にも勝利し影響力を持ち続けたこと、

によりアメリカの覇権が確固たるものになったのです

アメリカの覇権はいつまで?

冒頭でも書きましたが、長い歴史の中で絶対不変の事実があります

永遠と覇権を握ることができる国は存在しないということです

過去に遡ると、大まかに100年以上ごとに覇権は交代しています

16世紀のポルトガル、17世紀のオランダ、18世紀と続く19世紀のイギリス、20世紀のアメリカ。。。

アメリカの覇権はそう長くは続かない気がします

争うことになるのは、やはり中国でしょう

以下で見ていきます

アメリカと中国の覇権争い

アメリカが中国と覇権を争うことはほぼ確実

貿易戦争はもちろん、中国の領土・領海進出をみればそれは明白です

上記で説明した通り、中国は政治・経済的に世界における影響力をメキメキつけています

一方で、アメリカも黙っていないですよね

アメリカが中国に対抗しているのは貿易戦争だけではありません

例えば、2019年8月にトランプ大統領がデンマーク領であるグリーンランド購入の意向を示していたことが明らかになりました

中国の一帯一路に対峙するために、アメリカにとって安全保障上、是非とも確保しておきたい土地なのでしょう

もちろん、他の地域においてもアメリカは中国の進出を憂慮しています

南シナ海への中国の軍事進出をアメリカは度々非難していますね

(アメリカ以外からも非難されている)

とにかく、アメリカと中国はこれからもっとバチバチな関係になっていきそうです

そして、21世紀の終盤にどの国が覇権を握っているのかは誰にもわかりえないことです

しかし、この二大国が力を持ち続けることは言うまでもないでしょう

Amazon.co.jpで買う

中国の台頭

中国が脅威ではないわけがない

中国は今、世界における地位を大幅に向上させています

これはアメリカ、そして世界にとって脅威となりうると言われています

一人っ子政策の影響で今後中国の人口は減少し、よって中国経済は日本のように減退する、という意見もあります

しかし、この国が脅威ではないとは決していえません

政治的観点

政治的な観点として、中国は一帯一路構想を掲げています

・中国から西に向かって中央アジアを抜け、ヨーロッパに至るルート

・中国沿岸からアラビア半島を抜けてアフリカに至るルート

のインフラ整備や貿易強化を目的とする巨大な経済圏を構築しよう、という政策です

これだけではありません

豊富な資源がある、とされる南シナ海に中国は軍事進出しています

経済的観点

2011年1月20日に中国は日本のGDPを抜き、世界第二位の経済大国になりました

今や中国はアメリカも抜かす勢いで経済成長しています

そんな中国は、アフリカなどに対する巨額の投資を行い、アメリカと貿易戦争中です

中国が日本を侵略する!?

少しおまけです

以下はあくまでも微々たる可能性の話です

中国が政治経済的に世界で勢力を拡大しつつあることは明白

そんな中、日本も中国の自治区となってしまうのではないか、と一部では言われています

嘘だと思われるかもしれませんが、影響力を拡大している中国ならありえる話なのです

Amazon.co.jpで買う

まとめ

アメリカの覇権はいつまで続くのでしょうか?

そして中国の勢いはアメリカの覇権を食い止めるほどまでに成長するのでしょうか?

そして日本はどのように生きていくのが得策なのでしょうか?

未来の外交は日本にとって難しくなっていきそうです