“立ちながら仕事”は生産性バク上がり&メリットしかない

今回は立ちながらの作業が生産性を上げるよ、って話です

勉強というのは普通、机で座って勉強するものです

オフィスワーカーも普通は座って作業しています

しかし、集中力が切れてダラダラしてしまうときもあるはず・・・・・

以下、経験談になりますが、

ついこの間、マクドナルドで作業していることがあったのですが、なかなか集中力がもたずダラダラしてました

そんな時、たまたまレジの近くに立って待てるスペースがあり、そこで作業することに・・・・

すると、立ち作業がめちゃくちゃ集中できる!ということが判明しました

いろいろ調べてみると、科学的にも立ち仕事が生産性を向上させる、という結果がちらほら

ということで、立ち仕事のメリットと生産性について紹介していきます!

Amazon.co.jpで買う
生産性 誤解と真実
生産性 誤解と真実
  • 森川 正之
  • 価格   ¥ 3,300
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

“立ちながら仕事”で生産性は向上するのか

これが一番重要なポイントです

結論を言うと、立ちながらの仕事は生産性を向上させます!

科学的にも証明されています、以下ウォール・ストリートジャーナルの記事です

立って仕事、座っているより生産性も向上-WSJ

すごくないですか!?立って仕事をするだけで生産性が46%も向上するんですよ!?

確かに頭が冴えてる時って、軽い運動してるとき、筋トレしてるときのような気もします・・・

どうせ同じ時間で同じ仕事をするなら、生産性は上げたいところですよね

メリット①:健康になる

なんで立ち仕事するの?って聞かれたら普通は「健康のため」と答えるでしょう

その通り、立ち仕事は健康にいいとのことです

なぜ健康にいいのか、それはオフィスワーカーが常に座り続けているからです

ずっと同じ姿勢になるのがダメ、とのことです

これは立ち仕事も同じ、何日間、何週間も立ち続けるのは良くないみたいです

英語の記事になりますが、ここに真実が書かれています

Working in a Standing Position – Basic Information

要は、同じ姿勢でどこの筋肉も長時間動かさない、という状態が良くないのです

ダイエットにはならない

立ちながら仕事をするだけではダイエットにはなりません

イギリスのバース大学の研究により明らかになりました

消費カロリーも1時間でたったの9kcalだとか、、、、、

「スタンディングデスク」は減量には効能がないことが判明

やはり、運動と食事を変えていかなければダイエットにはならないのでしょう

メリット②:活発になる

もう一つの立ち仕事のメリットは、活発になることです

活発になる=キビキビ動けるようになること

長時間座り続けていると動くのもしんどくなって、思い立ってもすぐに行動できない、なんてことありませんか?

それがなくなります

ずっと立っているわけですから、何か書類を取りに行くのも楽チンです

メリット③:集中力が上がる

集中力が上がるのも立ち仕事のメリットです

これが生産性の向上に直結しています

座った状態での作業と違って、立っている=身体に負担がかかっています

これが脳を活性化させ、より作業に集中できるようになるみたいです

なるほど、勉強中に頭の中で別の世界に行ってしまうような僕にはもってこいなのかもしれない・・・・・

余談ですが、集中力についてメンタリストDaigoさんの動画をあげときます

なるほど、と思わせられる内容です

まとめ

立って仕事、是非試してみてください!

特に、ダラダラしてしまうのが嫌なときにオススメです

集中力が続くこと間違いなし!

Amazon.co.jpで買う
自分を操る超集中力
自分を操る超集中力
  • メンタリストDaiGo
  • 価格   ¥ 1,540
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる