早慶全勝した僕の模試の成績推移。

当記事は、早慶に絞ったお話です。

突然なのですが、僕は高校3年生の時に慶應の5つの学部を受けて全落ちしました。

しかし、早慶にかける強い思いがあり、浪人して早慶MARCHに全勝することができました。

この経験を発信しないのはもったいないと思ったので、読者の皆さんに模試の成績推移を晒します。

是非参考にしてください。浪人している時に通ってた東進で定期的に受けていたセンター試験本番レベル模試の成績推移です。

※浪人時のものに限りますが、高3の方も是非参考になさってください。

なぜ早慶に全勝できたのか

思いが強かった

その大学にかける思い、意思が強ければ強いほど合格できます。

自身が現役の時は慶應の5つの学部を受けて全落ちしました。メンタルはもう、ボロボロです。

しかし、それでも早慶にかける思いは1つも消えませんでした。早慶しかダメなんだと、常に自分に言い聞かせていました。

継続的な勉強

やはり、勉強を継続できたから第一志望に合格できたのだと思います。

受験生になっても勉強に手がつかない人がいますが、それではやはり成長できません。

その大学に対する思いが強ければ強いほど勉強できるはずです。

模試の成績推移

4月

現役のときのセンターの点数とほぼ変わりません。。。

現役時は慶應に小論文で落ちたこともあり、志望校を早稲田にシフトさせようとしていたのがこの時

早稲田と慶應を両方目指すそうとしていたので国語に力を入れ始めました

しかし、この後国語の成績が果たして上がっていくのか不安でしたね

もちろん4月は国語は惨敗でした。。。

センター本番の1月からこの模試を受けた4月まで約4カ月のブランクがあったにも関わらず、英語と世界史ではなかなかの好成績を残せたと思います

ドラゴン
国語、これから大丈夫かなぁと思っていた

6月

現代文は林先生のハイレベル私大現代文トレーニングを受け、漢字からやり直し

古文はスタディサプリで基礎的な文法事項を固めました

漢文は”漢文句形ドリル”と”らくらくマスター”を併用して基礎固めしました

そして、、、、、

国語がぶち上がりました!(*´∀`*b)

なんでもわからないところは基礎からやるのが大切なんだなぁと痛感

8月(夏休み明け)

「俺様国語順調やないか!」と思いきや・・・・・・・

国語が急にとれない(泣)

なんなんだこれ(笑)

しかし、自己採点では友達もとれていなかったのでまぁなんとか一安心。。。

↑アカンやつ

(実際かなり難しめだったみたいです。夏休み以後も受験生を焦らして勉強を促す意図が東進さんにあったのかな・・・・・)

といっても自分は早稲田も目指すことを堅く誓っていたのでかなり萎えました!

ちなみに、この年の8月から模試の結果のレイアウトが変わりました!新鮮でした

ドラゴン
萎えてもしゃーないで

10月(全国統一高校生テスト)

10月は全国統一高校生テストという名前に変わりますが、特別なのは名前だけ。

なぜこの名前を謳っときながら浪人生もこの模試に参加してもいいのだろうか。。。。。

正直意味がわからないですが、まぁいいや(笑)

国語が元に戻り三教科で過去最高得点でした!

ちゃんと国語には力を入れていました

しかし、問題文との相性もあるのがこの科目

正直運要素もでかいですよね

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

12月(最終センター試験本番レベル模試)

、、、、、やらかしました

国語は僕の天敵だ

しかしながら、この時は頭がいい意味でおかしくて、気概のポジティブ精神で立ち直れました。。。笑

↑これかなり大切!

まとめ

以上が僕の成績推移になります

正直いって、早慶志望の人にとってはマーク模試なんかよりも早慶オープンや駿台全国模試などの難しい模試の方がよっぽど大切です。

共通試験の結果はあまり気にすることはないです。ただし、早慶に合格する人は共通試験でもいい結果を残していることをお忘れなく。。。

少し余談ですが、ここ最近ネットですごい塾を見つけました。なにやら、全く早慶合格に届かないレベルから合格者が多数出ているとのことです。

気になる人は是非、一度は訪れてみることをオススメします。

偏差値45からたった2ヶ月で慶應合格!個別指導塾【下克上】