「受験英語は無駄!役に立たない!」は嘘!むしろ実用性MAXの勉強法だ!

受験英語ってたびたび批判されますよね

日本の英語教育において読み書きが過剰に重視されていて、

実用的な英語から程遠いことが指摘されています

 

しかし、「受験英語は決して無駄ではない!」と個人的に思っています

 

 

なぜなら、僕がそうでなかったから

→ちなみに受験英語をみっちり経験した僕はTOEIC815・IELTS7.0(英検1級相当)を取得しています!

Amazon.co.jpで買う

受験英語とは何か

受験英語って何でしょうか

 

受験英語とは、日本の大学受験における英語の入試問題、その対策としての英語教育法の総称とされています

 

受験英語-Wikipedia

 

確かにどこの大学の入試問題を見ても、読み書きばかり

一部の英語教育に力を入れている大学では4技能の英語資格の提出が義務づけられていたりもしますが。。。

日本では、聞き取りや会話能力をしっかりと測る試験はまだまだ少ないみたいです

 

以下、日本の英語教育のダメさを説いている記事です

What’s wrong with English education in Japan? Pull up a chair

 

実践的な英語教育が成されていない、と言われています

受験英語は役に立たない!?

受験英語は読み書きに偏った英語教育なので、批判されることがほとんどです

批判される根拠としては、

 

日本が先進国であるにも関わらず、日本人の英会話能力が著しく低いこと

 

が挙げられます

受験英語は無駄ではない

僕が思うに、受験英語は決して無駄ではありません

英語を実際に使う場面でも、勉強した単語・文法がちゃんといかされるはず

 

英語をこれから勉強する人に、これだけは覚えておいてほしい

ということがあります

 

「英語に文法の勉強なんていらない」

「英語は実践だけでいい」

 

こういうの全部嘘です!!!

楽して英語が話せるようになるわけないんですよね

 

もし、勉強せずに英語が使えるようになるのなら

みんなそのやり方してます!

 

単語と文法をで基礎を積んで、実践で話して、

これが正攻法です!

受験英語は実用性MAX!

受験英語は実用性がとても高いです!

 

ネイティブと会話しているときに、彼らが使う言い回しを覚えていくことで

自分の使えるボキャブラリーも増えていきますよね

 

受験英語は、そういった言い回し・熟語などを

効率よく覚える作業なんです!

 

→もちろん、ずっと教科書みて覚えるのはつらいけど・・・・・

 

実際に海外に行ってみてください!

日本の学生が学んでいるような文法事項や言い回しは、

日常生活の中でちゃんと使われていることが実感できるはず!

 

 

TOEFLやIELTSなど世界で幅広く使用されている英語の資格では、

4技能が偏りなく採点されます

 

もっと会話重視の授業ができてもいいかもしれません

Amazon.co.jpで買う
Amazon.co.jpで買う

受験英語は英会話にもいい

実践の場面でも受験英語でため込んだ膨大な知識が役立つ時があります

 

たとえば、僕が海外旅行に行ったときに

the other way around

という言い回しは何回も耳にしましたし、何回も使ったことがあります

 

受験勉強で使った参考書に載っている言い回しが実際に使われるとは・・・

文法の習得はめちゃくちゃ大切!

外国語を勉強するときに最も大事なのがまず文法なのは明白

 

文法を勉強せずに言語を操れるようになるというのは、自然に言語取得が可能な赤ちゃんや一部の天才くらい

 

文法を勉強しないと、

I’m fine, thank you. And you?

 

くらいまでしか体感で理解できないと思います

 

ちゃんと勉強しないと、複雑な英文は理解できません

 

勉強を進めていく中で私たちはより複雑な構造の文法も理解できるようになっていくのです

そういう意味でも、大学受験は英語の勉強に対する大きなモチベーションになりますね!

受験英語はどこで評価される?

受験勉強で養った英語力は無駄ではなく、実用性も高いことは上記で説明した通りです

 

しかし、何か社会にでてそれをうまく利用できないかな、とか考えますよね

 

受験英語は英語の資格に有利な勉強なのです

 

大学受験で英語を頑張ったおかげでTOEICなどでそこまで良いスコアを取れるんです

 

例えば、僕の大学の友達は「受験後にノー勉でTOEIC受けたら800だったよ」と言っていました

まじか、と思って僕も受けましたが同じく815点くらいでした

難関大学に向けて英語を勉強するだけで、資格であってもある程度のスコアは取れてしまうのです

リーディングができることのすごさ

リーディングとは読む能力のこと

このリーディングがとても重要なのです!

 

リーディング(=読み)ができるのは海外ではものすごくレアです

なぜなら、外人は基本的に話す・聞くの方が得意だから

 

日本人や韓国人が読み書きに優れているのは、

間違いなく厳しい受験競争があるからだと思います

Amazon.co.jpで買う

受験勉強で養われた英語力は維持される!

大学受験で培われた英語能力は、大学受験後に無くなってしまうものなんでしょうか?

 

健在であることがほとんど

 

もちろん、まったく触れていなければ英語力は落ちる一方だと思います

 

でも、受験でがんばったことってそこまですぐに忘れないはずです

 

話が少しそれますが、もし難関大学の英語長文が読めるようになると・・・・

TOEICやTOEFL、英検一級の長文も読めるようになります!

まとめ

受験英語はたびたび批判されます

 

「日本の英語教育は間違っている!」と批判されることが多いですが、

実用性に優れるちゃんとした英語学習が日本では構築されているのです

 

英語が話せると得することが多い世の中ですし、

頑張りましょう

 

英語はどこの大学のどこの学部も配点が高いですしね